スタッフブログ
Staff Blogs

  • 串本の海のお話!

    【クシハダミドリイシ群生】
    Point:オレンジハウス前ビーチ

    はいさいpaperまるちゃんですhappy01
    今日は、串本の海について話そうと思いますscissors
    串本は北緯33度30分という位置にあり、本来、海藻の茂る温帯の海に属します。
    しかし、南から暖かい水を運んでくる黒潮の働きによって串本の海は常に暖められ、南の海と同様のサンゴ群落が形成されています。

    【クシハダミドリイシ群生】
    Point:オレンジハウス前ビーチ

    世界最北のサンゴの海
    世界で最も北にあるサンゴの海、それが紀伊半島の先端にある串本の海なのです。
    また、串本の海は暖かい海と冷たい海の接するところにあるため、海の中に四季があります。
    夏から秋にかけての暖かいシーズンは沖縄やフィリピンなどとよく似たサンゴ中心の景観を見せますが、冬からは海藻が生い茂り、温帯的景観と熱帯的景観が混じる珍しい景観を見せます。
    このような環境は世界的に見ても大変珍しいものです。

    ラムサール条約登録の海
    上記に記載した環境が高く評価され、平成17年11月8日、アフリカのウガンダで開催された締約国会議において串本沿岸海域が国際的に重要な湿地、ラムサール条約登録湿地として認定されました。

    ラムサール条約とは・・・
    別名国際湿地条約とも言われる世界中の重要な湿地を保護するための国際条約です。
    1971年、イランのカスピ海湖畔の町ラムサールで開催された国際会議で採択されたことからその名が付けられました。
    ラムサール条約は、特に水鳥にとって重要な湿地を保全することを目的としてつくられた条約ですが、水鳥だけでなく人間や多くの生物にとって欠かすことのできない生息環境でありながら容易に破壊されてしまう湿地を保全し、次世代に伝えていくことを提唱しており、現在世界中で144ヶ国が加入しています。
    湿地というと、湖や湿原などが真っ先にイメージとして浮かぶかもしれませんが、この条約では、そういった場所だけでなく、水田やため池、河川、干潟、水深が6メートルを超えない海域などについても湿地(wetlands)と定義し、その保全・再生を呼びかけています。

    【アオウミガメとシコロサンゴ群生】
    Point:グラスワールド(南)

    大阪から車で3時間rvcardash
    黒潮の恩恵を受け温帯種と亜熱帯種の生物が混ざる素晴らしい海shine
    そんな串本の海をネイチャーはホームの海としてご案内していますwink
    これからも串本の海の良さを1人でも多くのゲスト様に魅せれるよう勉強していきますgood
    それじゃ またpaper

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • レンテンヤッコって実は・・・!

    【レンテンヤッコ】
    Point:グラスワールド(南)

    はいさいpaperまるちゃんですhappy01
    串本の海では、普通に観察できるレンテンヤッコfish
    各ポイントで観察できるのでスルーしがちですがsweat01
    日本海や北の海では見れない上に実は・・・flair
    沖縄海域にもいない魚で日本固有種なんですsign03
    生息エリアは北限が伊豆エリアで南限は奄美大島となっていますscissors
    伊豆の海ではけっこう珍しい魚みたいでshine
    八丈島や小笠原まで行けばけっこう見れるみたいdash
    じっくり観察すると体色が強烈に綺麗な魚でーすlovely
    初めて串本の海を潜るゲスト様に紹介する魚には、もってこいnotes
    それじゃ またpaper

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • ガラスハゼ好きやねん!

    はいさいpaperまるちゃんですhappy01
    今日はガラスハゼの写真を載せてみましたscissors
    ガラスハゼは個人的にも大好きなハゼでshine
    ガイド中に見つけると必ずゲスト様に紹介していますwink
    アカヤギやムチヤギなどのソフトコーラルの仲間をよーく探してみるとeye
    ガラスハゼ発見sign03色々なシチュエーションで楽しませてくれますgood

    【ガラスハゼ幼魚】
    Point:備前

    ↑アカヤギと絡めて撮ってみたりcamera

    【ガラスハゼ】
    Point:備前

    ↑背景を海の青色で抜いて見たりcamera

    【オオガラスハゼ】
    Point:住崎

    ↑ポリプ全開のムチヤギと撮ってみたりcamera

    【オオガラスハゼ】
    Point:住崎

    ↑周りをぼかして黒で抜いて見たりcamera

    楽しいったらありゃしないsmile
    ガラスハゼだけで1ダイブ楽しめますね~notes
    でもsign01撮影難易度は、ちょいと高めなのでbearing
    集中し過ぎて減圧注意ですよーsweat01
    経験者は語る(笑)
    それじゃ またpaper

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • 11月7~8日串本ツアー!

    【カシワハナダイ♀】
    Point:吉右衛門(南)
    Photo by まゆねぇさん

    はいさいpaperまるちゃんですhappy01
    秋晴れ全開sun透視度15~20meye
    コンデション良好の串本の海good
    スズメダイ好きのゲスト様とガッツリフォトダイブcamera
    今季初登場のマルスズメダイ幼魚でテンションuplovely
    フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚でほぼ1ダイブscissors
    カラフルなスズメダイを中心にご案内してきましたーhappy02

    【観察したスズメダイの幼魚】
    マルスズメダイ、ミツボシクロスズメダイ、フタスジリュウキュウスズメダイ
    ヒレグロスズメダイ、シコクスズメダイ、クロメガネスズメダイ、モンスズメダイ
    コガネスズメダイなど

    各ポイント見所満載sign03
    楽しい時間をスペシャルサンクスshine
    それじゃ またpaper

    【フタスジリュウキュウスズメダイ幼魚】
    Point:備前
    Photo by まゆねぇさん

    【チョウチョウコショウダイ幼魚】
    Point:住崎(南)
    Photo by ゆきねぇさん

    【アオサハギ】
    Point:住崎(南)
    Photo by まゆねぇさん

    【ガラスハゼ幼魚】
    Point:備前
    Photo by ゆきねぇさん

    11月7日水中マップこちらへ
    11月8日水中マップこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

  • 11月3~4日串本ツアー!

    【ノコギリハギ幼魚】
    Point:住崎
    Photo by きょんちゃん

    はいさいpaperまるちゃんですhappy01
    秋も深まってきた串本の海maple気持ちの良い秋晴れの2日間sun
    のんびり4ダイブしてきましたーwink
    9月末~10月に発生した台風以降typhoon
    どんどん南方種が増え、各ポイントに見所いっぱいですsign03
    夕食では、初めてアカハタ鍋を食べましたdelicious
    身がプリプリして美味しかったーshine
    ダイビング中によく見かける魚ですが、実は高級魚なんですfish
    橋杭岩のライトアップもありflair
    盛り沢山のツアーでしたhappy02
    スシャルサンクスscissors
    それじゃ またpaper

    【クダゴンベ幼魚】
    Point:住崎
    Photo by きょんちゃん

    【テングダイ】
    Point:住崎
    Photo by IDEさん

    【ソラスズメダイ】
    Point:グラスワールド(南)
    Photo by つっつん

    【橋杭岩】

     

    11月3日水中マップこちらへ
    11月4日水中マップこちらへ

    【ダイビングツアー情報】smile
    詳細はこちらへ

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ